日本サッカー協会について

日本サッカー協会について

日本サッカー協会は「財団法人日本サッカー協会」が正式名称で、略称をJFA(Japan Football Associationの略)といいます。
日本サッカー協会の役割は、日本国内でのサッカーやフットサルの振興です。
その統括範囲は幅広く、Jリーグ(日本サッカープロリーグ)、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)、全日本女子サッカー選手権大会、天皇杯全日本サッカー選手権大会、全国社会人サッカー選手権大会、全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会、全日本フットサル選手権大会などを主催したり、公認指導者登録制度や審判登録制度を設けたり、将来の選手育成などの活動を通じて、サッカーの発展を目指しています。
日本サッカー協会のシンボルマークには、日本神話に登場する三本足の八咫烏(ヤタガラス。
太陽神を意味する神聖の象徴で神の使い。
日本を建国した神武天皇を勝利に導いたカラス)がデザインされており、協会旗や日本代表チームの紋章、J1リーグ年間優勝チームや天皇杯優勝チームが翌シーズンのユニフォームにつけることが許されるワッペンなどに用いられているのです。
日本サッカー協会は、1921年に大日本蹴球協会として創立されました。
1929年にはFIFA(国際サッカー連盟)に加盟するものの、戦時中は脱退し、1950年に再加入しています。
1954年にはAFC(アジアサッカー連盟)に加盟し、1974年に財団法人へと変わり、現在の財団法人日本サッカー協会という名称になったのです。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。