サッカーのディフェンスで相手に抜かれないためには?

サッカーのディフェンスで相手に抜かれないためには?

ディフェンスの一番重要な役割は、相手にしっかりとついていくことです。
ディフェンスのポジションを任されたからには、相手の動きにピッタリとついていけるようにトレーニングする必要があります。
そのためには、俊敏な相手の動きについていける瞬発力と集中力も必要になるでしょう。
相手がボールを持ったら、すぐに守備の体勢に整え、相手の攻撃を阻止していきます。
ディフェンスのやり方には基本的に、マンツーマンディフェンスとゾーンディフェンスの二種類あります。
マンツーマンディフェンスは誰が誰をマークするか決めて、ディフェンスをしているときは相手にぴったりついていく方法です。
ゾーンディフェンスは最終ラインと中盤で守備のラインをつくり、自分のポジションに入ってきた相手をマークする方法です。
相手がボールを持ったら、相手とゴールの直線上に位置をとります。
そうすることで、相手が直接シュートをしても、体で阻止することができます。
位置がずれると、シュートはもちろん、ゴールの方向へドリブルで攻められてしまいますので、注意が必要です。
相手とゴールとの直線上に位置したら、相手の自由を奪うために相手にプレスにいきます。
ディフェンスにとって一番難しいのは、相手にパスを出させてボールを奪うことです。
簡単なことではないので、しっかり作戦を立てることや仲間同士の連携がとても重要になってきます。
それに、個人の技術や能力も大切で、それぞれが機能的に行動しなければいけません。
一人でも間違った動きをしてしまうと、隙を突かれてそこから突破されて攻撃されてしまいます。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。