サッカーのポジション別戦術って?

サッカーのポジション別戦術って?

サッカー選手には、それぞれポジションが与えられています。
ポジションを決めておくことで、試合中に誰がどこで、どのような役割をするかを把握しておくことができるため、試合をスムーズに行うことができるのです。
11人の選手のポジションをしっかりと決めておくことは、チームの強弱も左右するでしょう。
一般的に、4−2−2、3−5−2、4−3−3などのシステムがあり、順に、ディフェンダー(DF)・ミッドフィルダー(MF)・フォワード(FW)の人数を表します。
ディフェンダー(DF)は相手のチームからの攻撃を防ぐ選手のことをいい、相手に思うような攻撃をさせないように、相手のボールを奪いにいくという守備を行っています。
ミッドフィルダー(MF)には、チームの司令塔としてゲームを組み立てる役割があります。
試合全体を良く見て、試合の流れを把握し、主に攻撃への手助けをするのです。
時には、最終ラインまで戻って守りに入ったり、全体のバランスをとります。
スピード、持久力、高いボールテクニックなどが必要なポジションです。
フォワード(FW)には、攻撃をする役割があります。
攻撃することが中心のプレーヤーで、積極的にシュートをし、得点をとっていきます。
常にシュートのイメージを持ってプレーするといいでしょう。
このようなポジション別の戦術を活かしながら試合を進めて行きます。
攻撃的に試合を進めて行くのか、守備に力を入れて守って行くのか、バランスよく配置して様子を見るのか、臨機応変にフォーメーションを変えて試合に挑むことが大切です。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。

サッカーのポジション別戦術って?関連ページ

サッカーの基本ルールって?
サッカーで個人技は重要?