全日本少年サッカー大会について

全日本少年サッカー大会について

全日本少年サッカー大会は、毎年行われている大会です。
参加資格は、大会が実施される年度に所属する各都道府県サッカー協会に登録したチームであり、きちんとした活動実績があり、チームに登録された選手で登録選手証を持っている選手が出場できます。
大会実施期間に、選手が違う登録チームに移籍した場合は、その期間は大会に出場することはできないという決まりになっています。
各都道府県での大会を勝ち進み、代表に選ばれた各1チームずつ計47チームと、前年度の優勝した都道府県の1チームとの合計48チームで対戦することになります。
試合時間は、全試合とも20分ハーフで行います。
1次リーグとして、全48チームを6チームずつの8グループに分けて、3日間で総当たり戦を行います。
つまり、1日2試合行うことになります。
その試合で勝てば3点、引き分けだと両チームに1点ずつ、負けは0点として計算し、勝ち点の多い上位16チームが決勝リーグに進めます。
決勝リーグではトーナメント式で行い、勝ったら次の試合に進め、負けたら終わりです。
また、決勝戦では同点の場合、5分ハーフの延長戦を行います。
それでも決まらなかった場合は、PK合戦で優勝チームが決まります。
全日程1週間で都道府県代表である48チームの頂点が決まるわけです。
この大会では、優勝チームはもちろん表彰されますが、他にも、フェアプレー賞、敢闘賞、努力賞、グッドマナー賞の4つの賞があります。
優勝を逃しても、こういった各賞をもらえるように、日頃から練習に励みたいですね。


サッカー上達・ドリブルサッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。